愛愛賓館(横浜市栄区)【ラブホレポート】

今年のお盆期間中、横浜の方に遊びに行く機会があったので
かねてから気になっていたラブホテルに行ってみることにしました。

このホテルはSM好きの方には有名で紹介も今更かと思いますが
愛愛賓館』というSMルームがメインのラブホテルです。

ここはもう何年も前から夫婦で「行ってみたいね~!」と話してて
念願叶ってやっと来ることができました。\(^o^)/

愛愛賓館

愛愛賓館

場所はココ。


普通のマンション風の建物です。
(夜は怪しい色合いのライティングですが…)
見た目はけばけばしいラブホっぽい感じではありません。

ところが中はいかがわしい雰囲気満載!
なんたってSMルームがウリですからね。

で、うちら夫婦が泊りに行ったとき
空いていた部屋は数部屋あったのですが、
SMルームで空いていたのは101号室

やっぱりSMルームが人気なんですね~。

もちろん101号室を選びましたよ!

この部屋はこんな感じです。

愛愛賓館

ベッドの隣にX字型の拘束具がありますね~。(^^)v

愛愛賓館

愛愛賓館

で、この部屋のウリがこちら。

愛愛賓館

いや~、楽しそうな器具が並んでます。

まずはこちら。

愛愛賓館

後背位専用便女』という器具です。

愛愛賓館

ギロチン状態での拘束ですね。

を全裸で拘束して、
電マとバイブで何度もイかせてみました。
あまりにイきすぎて
潮と汗と涙で全身ぐしょぐしょになったでした。

お次はこちら。

愛愛賓館

こちらもAVで有名な拘束具『正上位専用便女』です。

愛愛賓館

これもに試してみたんですが
残念ながら使えませんでした。

というのもは身長が150cmくらいなんですが
膝の位置が合わなかったんですね。
背が低くても足が長ければいいんでしょうが
は膝が曲げられずにプレイすることができませんでした。
残念無念…。

それからが気に入ったのがコレ。

愛愛賓館

いろんなプレイが楽しめる機器ですが、
うちら夫婦はを仰向けに寝かせ足を吊り輪部分に通して
分娩台みたいなスタイルでの合体。
でブランコみたいに前後に動かしてのピストンで
たっぷりイかせてあげました。(^^)v

そのほか、こんな物もありました。

愛愛賓館

普通のテーブルではなく
首だけ出して拘束できるテーブルです。
拘束されることが好きな人なら
この首だけ出したスタイルだけで大興奮かも…。

それからちょっと気になったのがコレ。

愛愛賓館

座る位置がかなり高いソファーです。
これは女性を座らせての挿入や
お尻を突き出させての立ちバックなどやりやすそう。
今回は実際には使わなかったけど
よさげだな~と思ったグッズです。

あと、オマケなんでしょうが
この部屋には覗き穴があるんですよ。w
バスルームに2か所、そしてトイレに1か所。

愛愛賓館

これがお風呂の覗き穴の一つです。

ちなみに私がトイレに入っているときに
が面白がってこっそり撮った写真がこちら。

愛愛賓館

被写体がオスでごめんなさい。<m(__)m>
 
 
あと、が言うには
ベッドの硬さがセックスにはちょうどいいとのこと。
ベッド上ではバックと正常位でしたんですけど、
たしかにしやすかったですね~。

あとSMをウリにしているだけあって
コンセントがあちこちあるのも気が利いてますね。
とはいえ電マを使うなら
やはり延長コード持参をオススメしますが…。

そんなこんなでSM好きの方には
もうワクワクのお部屋でした。(^^)

で、これだけの設備があるにも関わらず、
お値段の方は普通のラブホテルと同じくらいで
リーズナブルだと感じました。
 
 
と、いろいろ紹介したところで
今回も気になった点をいくつか書いておこうかと…。

SMルームということで仕方ないのかもしれませんが
清潔感が今一つだったように思います。
まぁ、みんないろんなプレイをしますから
普通のホテルよりは清掃やメンテが大変なんでしょうけどね~。(^^;)

●この101号室はバスタブも広く洗い場も広かったんで
どうせならバスマットも置いてくれたらな~なんて思いました。

●料金は安いと思うんですが、
時間のシステムがちょっと…。
はっきり言って時間が短いですね。
いろんな器具があってもそれをゆっくり楽しむ時間がない…
そんなふうに感じました。

●TVの画質は悪いです。
まぁ、このホテルでAVばかり見てるっていう人もいないと思うんで
あまり関係ないですかね…。

●クローゼットが無い。

●最近のラブホは電マが設置してるところが多くなりましたが
ここは電マがありません。
うちは持参してたんで問題なかったんですが、
もし使いたければ購入になります。
ただ、販売価格は結構良心的だと思います。

愛愛賓館

●拘束具には手枷が付いてません。
手枷・手錠などは持参するか購入になります。
で、そこそこの値段です。(上の写真参照)
うちは持参したから買わなかったけど…。

●最後に一番のマイナス点だったのが駐車場です。

愛愛賓館

写真のような立体型の駐車場なんですが、
最高に停めにくいです。
うちら夫婦が到着した時には
一番左側しか空いてなくて
そこに車を入れたのですが、
ここは昇降部分になっていて
機械油がたっぷり付いたチェーンがすぐ真横に。
ドアの開け閉めもままならないくらいの狭さで
のおニューの白い服もチェーンに触れて
機械油でかなり汚れてしまいました。
そんなわけで今まで行ったラブホテルの中で
一番停めにくかった駐車場でした。
 
 
そんなこんなで
あくまでもうちら夫婦での評価ですが
このホテルは100点満点中75点くらいですかね~。
清潔感がイマイチ、時間が短い、
駐車場が停めにくいなどのマイナス面があるものの
SMルームという強烈な魅力があるラブホテルなので
またきっと行きたくなるかなぁ…と思います。
いろんな部屋を試したくなりますしね。

料金やシステムなどは公式HPをご覧ください。

愛愛賓館

※この記事は2018年8月12日現在の情報です。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)